2016年03月31日

自らの考え方や思いを伝えるツールとして

本日42歳の誕生日を無事に迎えることが出来ました。

つい最近40代に突入したと思っていたのですが、20代・30代の時とは比較にならないほどの体感スピードで年を重ねていっているように感じます。

社会に出始めた20代の時とは違い、仕事・家族といった部分で特に責任のある年齢になりますので、自分が理想とする40代を目指していきたいところです。

さて、最近ブログやSNSといった情報発信ツールに書いた人事・労務管理に関する内容が「炎上」するなどして社会保険労務士が行政処分されるなど、悪いニュースで社会保険労務士の資格名を目にすることが続いています。

私もブログを書き始めて8年以上が経過しているのですが、ありきたりな法改正情報といった内容ではなく、感情の生き物であるヒトが織りなす人事・労務管理の世界に起こる様々な問題や考え方について、自分なりの言葉で文章を書き、お伝えしてきました。

置かれた立場(経営側としての立場と労働側としての立場)が違うと、人事・労務管理の世界で起こる様々な出来事への物事の捉え方が違ってくるのは、今までのニュースレターでも何度も書いてきたことですが、一個人に向けて書いているわけではないため、立場の違う人が読んでも不快な内容にならないようニュースレターの内容・書き方には相当気をつけて書いてきました。

それでもある程度突っ込んだ考え方を書くこともありますので、捉え方によっては賛否両論でるようなケースもあったかと思います。

置かれた立場や個人的感情により物事の捉え方が違うのが、感情の生き物であるヒトが織りなす人事・労務管理の世界ですから、Aさんが是としてもBさんにとって非とすることは、当然の成り行きであり、「あちらを立てれば、こちらが立たず」といった状況が常にあるのが人事・労務管理の難しさでもあります。

そのため人事・労務管理に関する自らの考え方や主張を万人が見ることのできるブログやSNSといったツールを使って表現していく場合には、内容や書き方には十分な配慮が必要になってきます。

加えて人事・労務管理に関する情報は、高度な秘密情報のため、実例をあげて表現することが難しく、なぜそのような考え方に至ったのかについて不特定多数に向けて説明することは困難です。

そのため社会保険労務士に限らず、各士業者は裏方としてクライアントを支える仕事であり、自らの考え方やモノの見方を万人に向けて発信すべきではないといった意見が出てくるのも自然なことでしょう。

しかし国家資格は個人に与えられるものですから、その個人がどのような考え方(スタンス)で仕事をしているのかを伝えていくべきことも少なからず必要になります。

同じ資格をもっていれば、同じ考え方・解釈によるサービスの提供を受けられるということであれば所持資格を公表すればよいだけですが、同じ社会保険労務士資格者同士で問題解決への議論をした時に全ての人が同じ解決方法を提案するということは稀です。

これも置かれている立場や個人的経験・感情から生み出される物事の見方の違いからくるものですので、問題解決や提案内容がヒトそれぞれとなることは当然です。

近年ブラック企業という企業側の負のワードが出てきたかと思えば、モンスター社員という労働者側の負のワードもでてくることを見ても、どちらが正義で、どちらが悪という単純な図式ではないのは明白です。

だからこそ経営者側弁護士や社会保険労務士、労働者側弁護士や社会保険労務士といったように、同じ資格を持つ同士でありながら真逆の立場でサービスを提供するといったことが起こることになります。

様々な専門分野において自らの立場・経験・感情から生み出される物事の捉え方や考え方をクライアントが持つ悩みを解決するための「選択肢の一つ」として提案するのが士業ビジネスであるので、士業者個々人が様々な物事の見方・考え方を持ち、それをベースとして提案を行うのは大事なことだと思います。

そのような中でニュースレターやブログ、SNSといった情報発信ツールを使って「何を表現し何を伝えたいのか」ということを自問自答してみれば、今まで以上に内容や伝え方には細心の注意を払うことが必要ながら、自らの考え方や思いを伝える大事なツールとして、従来のスタンス通り「自らの物事の見方や考え方を通して人事・労務管理の世界に起きている今」を自らの言葉で書いていければと思います。

◆◆◆◆◆


□ 港区浜松町にある齋藤正憲社会保険労務士事務所ホームページはこちら。

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 ホームページ]

□ 事務所のfacebook

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook]

□ 事務所発行のメールマガジン

登録・解除はこちらからお願いします。

[会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ]

□ 事務所代表のツブヤキ

masanori_saitouをフォローしましょう

□ 著書「絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

社労士開業本表紙(サイズ極小).jpg

[Amazon著書「社労士独立開業バイブル」の紹介ページはこちら]


                                                   ◆◆◆◆◆

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

ブログランキングへ
posted by マサ at 17:44| 社労士日記