2016年04月28日

制度実施に向けて最も重要なのは、事前に不安を解消すること

平成27年12月から常時50人以上労働者を使用する企業に義務化された「ストレスチェック制度」ですが、スタートしたばかりということもあり、積極的に実施・運用されているという状況にはなっていないようです。

ストレスチェックは、毎年1回定期に行うこととされているため、衛生委員会でストレスチェック制度実施に向けて検討を進めようと議題に上がるものの、実施方法・実施時期など具体的な決定まで至っていないケースが見受けられます。

ストレスによるメンタルヘルス不調を未然に防ぐ「1次予防の強化」を目的とするストレスチェック制度とはいえ、職場という特殊な環境下の中で「ストレス」という相当ナーバスな問題を扱わざるを得ない事への警戒感が会社側からも労働者側からも感じられます。

弊事務所の顧問企業様には、ストレスチェック制度の概要資料をお渡ししてありますが、人事からは「ストレスチェック制度の実施・運用をすること自体がストレスになりますよ・・」という冗談とも思えない声が聞こえてきており、義務化されているとはいえ、現場では実施に向けて高いハードルがあると感じているのが現状です。

その理由としてあげられるのがストレスチェックを受けた結果、自らが高ストレス判定となった場合の不安や高ストレスと判定された労働者へどのような配慮措置を取るべきなのかといった不安が労使ともに非常に強いことがあげられます。

ストレスチェックの結果は、医師等が労働者の同意を得ずに会社に結果を提供する事を禁止しているため、会社側が高ストレス判定を受けた社員がいるのか・いないのか、いる場合に誰が高ストレス判定を受けたのかといった情報全てを知ることは事実上難しいでしょう。

しかし「あなたは高いストレスを感じている状況にあることが判明しました!」という結果を聞かされて嬉しい人などがいるはずがありません。

会社側からしても高ストレス判定をうけた労働者に対して、どのような(どの程度の)人事・労務管理上の配慮措置をしていくことが必要なのかについて難しい判断が求められます。

このようなことからストレスチェック制度の実施・運用により新たなストレスを生み出すのでは?といった話も出てきていますが、そのようなことにならないように、きっちりとした事前準備が不可欠となります。

この事前準備とは、一言でいえば不安を解消するための説明を事前に行い、そのうえでストレスチェックを実施・運用していくことです。

マイナンバー制度が始まった時も感じたことですが、制度の概要や仕組みを知らなければ(情報量が少なければ)不安は募る一方です。

マイナンバー制度が始まった時には、希望のあった顧問企業様で社員向けのマイナンバー制度の勉強会を開催したのですが、終わった後の感想で「思っていたのと違ったので安心した」「完全に不安が解消できたわけでは無いが、会社にマイナンバーを提出する必要性は理解した」といった感想が出てきました。

概要や仕組みの説明と合わせて制度の正確な意図を伝え、不安に感じる部分の説明を行うことで、制度への理解が進み、不安を軽減することができます。

ストレスチェック制度も同様に「法律で義務化されたのでやります」といったことではなく、ストレスチェックとは何か、ストレスチェックをすることで何を目指すのか、不安に感じている部分の実際の丁寧な説明、といったストレスチェック制度の正確な意図を事前に説明することが重要になります。

このような説明をする際には、ストレスチェック制度を行うにあたって、万人が不安に感じる部分を中心としたQ&A方式の資料を用意すると理解度は高まります。

マイナンバー制度にせよ、ストレスチェック制度にせよ、万人が漠然と不安を感じている部分は共通しています。

だからこそ、制度の概要全般を説明する資料だけではなく、不安を感じている部分に特化したQ&A資料を必ず用意し説明する方が不安を少しでも解消する事に繋がっていくでしょう。

漠然とした不安を抱えている状態でストレスチェックを実施・運用し、逆にストレスを増やす結果となっては本末転倒ですので、不安に感じている部分を少しでも解消するための仕組みを通して、意味のあるストレスチェック制度の実施・運用を行っていきたいところです。

◆◆◆◆◆


□ 港区浜松町にある齋藤正憲社会保険労務士事務所ホームページはこちら。

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 ホームページ]

□ 事務所のfacebook

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook]

□ 事務所発行のメールマガジン

登録・解除はこちらからお願いします。

[会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ]

□ 事務所代表のツブヤキ

masanori_saitouをフォローしましょう

□ 著書「絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

社労士開業本表紙(サイズ極小).jpg

[Amazon著書「社労士独立開業バイブル」の紹介ページはこちら]


                                                   ◆◆◆◆◆

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

ブログランキングへ
posted by マサ at 15:11| 社労士日記