2016年11月30日

辞め方から見えること

社会保険労務士という仕事をしていると入社・退社という職業人生における分岐点に関与する事が多くあるわけですが、その中でも会社を辞める退職の場面が最も重要な分岐点といえます。

会社を辞めようとする理由は、給与面への不満や労働環境の不満、人間関係が上手くいかないなど様々ですが、どのようなケースであれ「辞め方」には注意が必要です。

最近の傾向として、この「辞め方」に気を付けない人が多く見受けられます。

どのような会社であれ、自分にとって完璧な環境というものは存在しないわけですから、何かしらかの不満や不安があるのは当然です。

しかし、辞める意思を会社に伝える方法として、いきなり欠勤し連絡がつかない、相談も無くいきなり退職届を郵送してくる、退職するにあたって周りの同僚に「早く辞めたほうが良いよ」などと風潮して回るなどは、賢い辞め方だとはいえません。

会社としても、このような辞め方をする人を引き留める理由は無いわけですが、採用や教育には様々なコストがかかっているので、無視できる問題でもありません。

実際問題として「辞め方の教育」などといったことは現実的ではないので、そのようなタイプの人を採用しないことに努力したほうが現実的でしょう。

このような辞め方をする人の特徴としては、入社してすぐに辞めてしまう人に多くみられるため、短い期間に転職を繰り返しているようだと注意が必要になります。

さらに、採用面接の場で前職をどのように辞めたのかを聞いてみるのも一つの手です。

採用面接においては「前職の退職理由」を聞くことが多いですが「どのように前職を辞めたのか」を聞くことは、それほど多くありません。

正直なところ前職を退職した理由は「どのようにでも言えてしまう」部分であり、たとえ人間関係がうまくいかなかった、給与面で不満があったといった理由であったとしても、正直に答える人は少ないものです。

一方、退職の仕方がどうであったかの質問をした場合を想像してみてください。

「退職届を出して・・・」という当たり前の答えが返ってくるかと思いますが、その時に「退職届(願)はいつごろ提出しましたか?」「退職の意思を決めたときに誰かに相談しましたか?」「退職届を出してから、業務の引継ぎ、関与先への挨拶などはどのようにしましたか?」「退職までの期間を会社でどのように過ごしましたか?」といった質問をすると退職の仕方「いわゆる辞め方」の本当の姿が見えてくると思います。

正直なところ、会社を退職すること自体は別に悪いことではないので、退職する際の辞め方こそ、その人の本当の姿が見えてくるのではないでしょうか。

このような事を質問することの意味を簡単に言ってしまえば、前職を円満に退職しているかを確認するということです。

往々にして、会社と喧嘩別れして辞めるような人は、おのずと同じことを繰り返してしまう傾向にあるからです。

それともう一つ、会社を退職するにあたっては、円満退職してもらいたい理由があります。

中小企業においては、一度退職した人が出戻る(退職した会社に再度入社する)ことが珍しくありません。

隣の芝が青く見えることもあるでしょうから、退職後に他の会社に勤めた結果「実は退職した会社が自分にあっていた会社だった」ということも稀にあるわけですから、円満に退職していれば出戻ることができる可能性も残るわけです。

どのような場合にせよ、喧嘩別れして良いことは有りませんから、退職を決意した際には立つ鳥跡を濁さずの精神で臨んで頂きたいところです。

◆◆◆◆◆


□ 港区浜松町にある齋藤正憲社会保険労務士事務所ホームページはこちら。

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 ホームページ]

□ 事務所のfacebook

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook]

□ 事務所発行のメールマガジン

登録・解除はこちらからお願いします。

[会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ]

□ 事務所代表のツブヤキ

masanori_saitouをフォローしましょう

□ 著書「絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

社労士開業本表紙(サイズ極小).jpg

[Amazon著書「社労士独立開業バイブル」の紹介ページはこちら]


                                                   ◆◆◆◆◆

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

ブログランキングへ
posted by マサ at 16:44| 社労士日記