2017年07月31日

人間関係の悪化を放置しない


過去のニュースレターでも何度か話題にしましたが、人事・労務管理の世界では「職場の人間関係」が非常に重要です。

人間関係がうまくいっていれば、職場における労務環境に対する不満も和らぎますし、逆に、人間関係がうまくいかなければ、どのような好待遇であったとしても、その職場で働き続けていくことは難しいものです。

賃金や労働環境等をより良いものに整備していけば、当然、退職者は減っていきますが、それでもゼロにならないのは、人間関係という感情の生き物であるヒトならではの問題が色濃く残っていることも要因の一つといえます。

この職場の人間関係は、仕事のパフォーマンスにも大きく影響しています。

上司が変わる、プロジェクトメンバーが変わるといった、仕事を共にするヒトが変わることでパフォーマンスが大きく変動することがあり、ある会社で第一線で活躍していた人を好待遇で雇い、前職と同じ内容の仕事を任せたが、まったく成果を出すことができないという場面を目にすることが現実問題としてあります。

これは個人的な仕事のパフォーマンスが低下したわけではなく、会社の社風や一緒に仕事をする上司・同僚・部下との人間関係の相性が合わないことによって引き起こされているのではと考えています。

プロ野球の世界でもよく目にすることなのですが、あるチームで4番を務める強打者が、チームを変えた途端、まったく打てなくなってしまうようなことがあります。

このケースでも強打者としてのパフォーマンスがいきなり低下するとは考えにくいので、個人的な能力が低下したわけではなく、別の要因(おそらくチームとの相性や人間関係の相性)がパフォーマンスに大きく影響していると思われ、職場において目にする唐突なパフォーマンスの低下に似ているように思います。

このように仕事のパフォーマンスは、個人の能力だけではなく、様々な要因で上下するものであるので、仕事ができる人、仕事ができない人というレッテルを貼ること自体、それほど意味のあることだとは思えません。

違う仕事を任せてみたら驚くほどのパフォーマンスを発揮したといったことも珍しいことではありませんし、部署や上司、同僚が変わったなどといった、人間関係の変化でもパフォーマンスの変化は起こりうるものです。

これは私の個人的な発想ですが、どのような人であれ、仕事や職場で輝ける場所が必ずあると思っています。

たとえ仕事ができない人といったようなレッテルが貼られてしまったとしても、いま担当している仕事や仕事をするメンバーが変わることで、劇的とまでは言えないまでも、良い方向に変わっていけるチャンスがあると考えているからです。

だからこそ、会社の社員すべてが「仕事のできる人」になるために、どのような仕事を任せるのかといったことだけではなく「どのようなメンバーと仕事をさせるのが良いのか」といった視点から見ていくのも人事・労務管理の重要なポイントとなります。

私が会社員時代に、それなりの結果を残せてきたのも「職場における人間関係の相性が良かったため」だと今でも思っていますし、人間関係の相性が悪ければ、同じような結果を残すことはできなかったと思います。

しかし、職場における人間関係は「できれば触れたくない」と考える人も多いのではないでしょうか。

人間関係にはナーバスな問題も含まれますし、上司が男性であれば女性の人間関係、上司が女性であれば男性の人間関係に触れていくことに一歩引いてしまうのもわかります。

しかし、職場における人間関係は、会社に勤め続ける意欲、パフォーマンスに大きく影響を及ぼす部分ですので、人間関係を崩すような要因であったり、人間関係の悪化を放置するような人事・労務管理は、会社に大きな損失を生みます。

十分な配慮が必要ではありますが「人間関係の悪化を放置しない」という人事・労務管理の考え方は重要になってきますので、思い当たる節がある場合、大きな問題に発展する前に早急に対応していきたいところです。

◆◆◆◆◆


□ 港区浜松町にある齋藤正憲社会保険労務士事務所ホームページはこちら。

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 ホームページ]

□ 事務所のfacebook

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook]

□ 事務所発行のメールマガジン

登録・解除はこちらからお願いします。

[会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ]

□ 事務所代表のツブヤキ

masanori_saitouをフォローしましょう

□ 著書「絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

社労士開業本表紙(サイズ極小).jpg

[Amazon著書「社労士独立開業バイブル」の紹介ページはこちら]


                                                   ◆◆◆◆◆

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

ブログランキングへ
posted by マサ at 17:42| 社労士日記