2013年06月19日

年金事務所からのラブレター

労働保険の年度更新が佳境に入ってきたところですが、続けて社会保険の算定基礎届の時期に入っていきますね。

この時期は、社労士業界にとって最も繁忙期なわけですが、特に社会保険の算定基礎届時の「定時決定時調査」の対象事業所を顧問先に持っていると、さらに業務量が増えます。

通常、算定基礎届の手続きは、郵送や電子申請で手続きを行っているのですが、年金事務所から「今年は賃金台帳とか出勤簿を持参して手続きしてね。チェックするから!!!」というラブレターをいただいた事業所については、指定された日に大量の書類をもって年金事務所に行かなければなりません。

賃金を大きく上げているのに月額変更届を提出していない、賞与を支払っているのに賞与支払届を提出していないなどの手続き上の不備があった場合は、是正したうえで遡って保険料を徴収されるわけです。

この定時決定時調査は、すべての事業所を対象にしているため「いつか必ず来るもの」ですので、日々の手続きに不備が出ないよう慎重に行っていきたいところですね。


◆◆◆◆◆


□ 港区浜松町にある齋藤正憲社会保険労務士事務所ホームページはこちら。

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 ホームページ]

□ 事務所のfacebook

[齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook]

□ 事務所発行のメールマガジン

登録・解除はこちらからお願いします。

[会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ]

□ 事務所代表のツブヤキ

masanori_saitouをフォローしましょう

□ 著書「絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

社労士開業本表紙(サイズ極小).jpg

[Amazon著書「社労士独立開業バイブル」の紹介ページはこちら]


                                                   ◆◆◆◆◆

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

ブログランキングへ

posted by マサ at 12:03| 社労士日記